2016年09月07日

ホワイト企業ではダメな理由(法政大学 坂本光司 先生)

bf10_011

ブラック企業が社会問題になる中、
その反対のホワイト企業が注目されています。
今回は、そのホワイト企業でもダメというお話をご紹介します。

年々、労働人口が減っていく中、
企業は優秀な社員を如何にして確保するかが喫緊の経営課題です。

やりがいのある職場、
働きやすい職場、
活気のある職場。

いわゆるホワイト企業になれば、優秀な社員を囲い込める。
そうすれば、結果、いいサービスをお客様に提供できる。

そしてお客様の満足が社員にフィードバックされ
、職場環境はさらによくなり・・・

と、こんな感じでいい循環が生まれることを狙いとしています。

しかし、実際には、
なかなかうまくいっていない様です。

むしろ、労働時間を短くするなど、
労働環境の改善をしたら、
逆にモチベーションが下がったという例もあるくらいです。

なぜでしょうか?

「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者で、
法政大学 大学院教授の坂本光司先生に話を伺いました。

坂本先生には、第10回ビズテリア・フォーラムに登壇して頂きました。
その時の様子はこちらです。

bf10_011bf10_014

坂本先生は、経営で大事なことは、
「人」を幸せにすることだとしています。

その中でも特に、
社員を幸せにすることが、
最も大事だと言っています。

世間一般で言うホワイト企業と、
坂本教授の言う「人を幸せにする経営」を実践する企業とでは、
似ているようで、その本質が大きく違っています。

この差が企業の明暗を分けている
と言っても過言ではありません。

ホワイト企業では、
職場環境や人事制度などを改善することで、
社員にとって働きやすい環境や、
やりがいのある環境を提供しようとします。

しかし坂本教授の提唱する
「人を幸せにする経営」では、
まず、経営者のマインドとして、
社員の幸せを心から願うという所からスタートします。

この想いがなければ、
どんなに立派な制度や環境があったとしても、
うまく行くことはないと坂本教授は指摘しています。

社員の幸せを願う経営者の思いが、
社員一人ひとりに伝わってはじめて、
社員も頑張ろうという気持ちになる
ということかもしれません。

ホワイト企業になる前に、
まず経営者自身が変わることが求められている様です。


ページトップ