2017年07月02日

共創と働き方改革 (第17回ビズテリア・フォーラム開催報告)

_DSC7011

2017年6月29日(木)に開催した第17回ビズテリア・フォーラムの中で「共創と働き方改革」をテーマにしたパネル・ディスカッションを行いました。

様々な分野のキーパーソンが集結

pdcover

各方面で活躍するキーパンソーン5名にパネリストとして登壇して頂きました。

(写真左から)
新子明希様 株式会社シンクスマイル 代表取締役
入月英明様 宣教教会 代表・主任牧師
崎山みゆき様 静岡大学大学院客員教授
大沼みずほ様 参議院議員
山口 博様 グローバルトレーニングトレーナー

「働き方改革」を取り巻く社会問題を共有

shot

パネル・ディスカッションでは、冒頭、「働き方改革」を取り巻く社会問題を確認するために、経済産業省が作成したレポートを紹介。この中で、漠然とした不安が全ての世代に蔓延している実態をパネリストと会場の参加者との間で改めて共有しました。

政府与党での取組状況を紹介(大沼氏)、「鍵は分解スキル・反復演習」(山口氏)

_pd1

参議院議員の大沼みずほさん(写真左)からは、先日閉会した通常国会において「働き方改革」がどのように審議されてきたかを政府与党の立場から紹介してもらいました。また秋の臨時国会での審議予定についても併せて紹介してもらいました。

グローバルトレーニングトレーナーの山口博さん(写真右)は、数多くの企業研修を行ってきた経験からビジネスパーソンが抱えている問題点を指摘。同時に、その解決の鍵として同氏の推進している「分解スキル・反復演習」を紹介してもらいました。

「『褒める』がキーワード」新子氏、「若手育成が急務」入月氏、「シニアの働き方改革を」崎山氏

pd2

また、シンクスマイルの新子明希さんは、「働き方改革」の本質は従業員のモチベーション・アップにあるとした上で、そのためには「褒める」ことの重要性を指摘しました。さらには、この「褒める」をスマートフォンなどでゲーム感覚で手軽に行える同社のクラウド・システム「HoooP」についても紹介してもらいました。

宣教教会の入月英明さんは、キリスト教の立場から、働くことの根底にある「幸福」の意味について紹介して頂きました。また、キリスト教会における指導者層の高齢化の問題を指摘。世代交代やそのための若手育成の必要性を訴えました。

静岡大学大学院客員教授の崎山みゆきさんは、社会全体の生産性を向上させる鍵はシニア世代の働き方改革にあるとして、同氏が主幹する「60歳新入社員」倶楽部の活動内容について紹介して頂きました。

参加者同士でさらに議論を深める

pd4

パネリストによる「働き方改革」の議論を踏まえて、参加者同士で議論を深めました。様々な分野から参加者が参加していることもあり、多種多様な意見の交換が行われました。

パネル・ディスカッションを見るだけでなく、それを受けて、参加者同士が課題や問題点を共有することで、そこから新しいアイディアや解決方法が生まれる「共創」を体感してもらえたのではと思います。

先進事例のプレゼンテーションも

ptcover

また、当日はパネル・ディスカッションの他に、下記の7名の方から、様々な分野における先進的な取り組み事例を発表してもらいました。

(写真上段左から)
株式会社チャプターエイト 高野勇斗 様
メトロエンジン株式会社 相馬 翔 様
株式会社ウェルクス 石田浩幸 様
エキサイト株式会社 山内慎二 様

(写真下段左から)
株式会社エルイズビー 渡辺龍二 様
デルタパスジャパン株式会社 奥田智巳 様
株式会社インテージ 小島賢一様

これらの発表内容については、後日、記事としてご紹介する予定です。

ネットワーキングで共創のつながりを深める

networking

フォーラムに最後に、ネットワーキングを行いました。
単なる名刺交換に留まらず、深いレベルでの意見交換・情報交換を行うことができました。

次回のフォーラムでは、更に内容を充実させて開催したいと思います。

(終わり)

_DSC7066


ページトップ